トレンド

2012.12.24

今年もメリー・クリスマス!〜馬小屋の中で

皆さんお元気ですか、井之上喬です。
今年もクリスマスがやってきました。2000年前にユダヤのベツレヘムで一人の幼子が生まれました。神の子イエス・キリストの誕生です。

イエスの生まれたところが馬小屋の中であったことはいまや世界中の人が知っていますが、「馬小屋」とは単に場所を指すだけではなく、人間の心にある、欲望や怒り、憎しみなどをも表していると思います。
そのように考えるとき、貧しく汚れのない、無力で何もできない幼子イエスが私たちと共にいてくださることに、大きな慰みを得ることができます。

この時期、街を見渡すと、華やかなイルミネーションや大切な誰かに贈るそれぞれの想いを込めたプレゼント、また家族や恋人たちが食卓を共にするロマンチックなクリスマスの光景が自然と目に入ります。
今の世界を見るとき「馬小屋」は私たちのすぐ近くにも多くみられると私は思います。
そして今年も、私の馬小屋に幼子イエスが生まれようとしてくださっています。

神の御子、幼子イエス・キリストのご降誕の恵みが、皆さんと皆さんのご家族の上に、また皆さんの愛するすべての人の上に豊かにありますように。
メリー・クリスマス。

今年も1年間井之上ブログをご愛読いただき誠にありがとうございました。(新春は1月7日発行となります)

—————————————————-
井之上喬著「パブリックリレーションズ」(2006年3月、日本評論社刊)は、おかげさまで2012年5月30日付で第6刷が発刊されました。ご愛読ありがとうございます。
—————————————————-

書籍

注目のキーワード
                 
カテゴリ
最新記事
アーカイブ

ページ上部へ