相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



2018年02月12日

アジア大学ランキング、トップテンの8位に東京大学
〜「ハイパー・グローバリゼーション」のなか教育改革は喫緊の課題に

皆さんこんにちは井之上喬です。

いよいよ平昌冬季オリンピックが開幕、選手の皆さんには悔いのないようにベストを尽くしてもらいたいものです。

暦の上では立春も過ぎましたが、北陸地方を中心とする豪雪では大きな被害が出ましたが、これ以上被害が拡大しないことを祈りたいと思います。

この時期は入学試験もピーク、受験生の皆さんの健闘を祈ります。

そんななか、英国タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(Times Higher Education、THE)が現地時間の2月6日、アジア大学ランキング2018(Asia University Rankings 2018)を発表しました。

続きを読む...

2018年02月01日

日本列島を覆う強力寒気団
〜48年ぶりの都心マイナス4度

先週は日本列島を「数年に一度」の強い寒気が覆っていました。寒さが続くなか、皆さん元気にお過ごしでしょうか。

私は2016年から、1月、2月に国際教養大学(AIU:秋田県秋田市)「Practical? Public Relations」の集中講義を行っています。毎週木曜と金曜の2日間、現地に滞在しそれぞれ6教程(6時間)の教鞭を執っています。

先週は第3週の講義がありましたが、降雪のため秋田便が欠航となり、急きよ秋田新幹線で向かいました。在来線に乗り継ぎ結局、大学には午後の4時過ぎに到着。そのまま教室に入り夕刻まで講義を行いました。

時間さえ気にしなければ都会人にとって、列車から見る雪景色は格別な趣があります。秋田へ向かうこまち17号の車窓に広がる景色は、とりわけ盛岡を過ぎたあたりから雪深い白一色の世界。

特色ある国際教養大学のキャンパス(写真右:中央が筆者)も一面銀世界のなかで、幻想的な光景を楽しませてくれました。

続きを読む...

2018年01月22日

恒例の「CES」年頭報告
〜2018年のIT分野の最新トレンドを見る

皆さんこんにちは井之上 喬です。
2018年「犬年」が始まってはや20日が過ぎました。

インフルエンザが流行っているようですが、私も新年早々インフルエンザB型に感染し自宅療養を余儀なくされました。

皆さんも手洗いうがいを励行し感染しないようにお気を付けください。

続きを読む...

2018年01月10日

パブリック・リレーションズ(PR)を日本から世界へ
〜国内では幼児から中等教育向け教材の開発

新年あけましておめでとうございます。皆さん、お正月はどのように過ごされましたでしょうか?

週刊ダイヤモンド新年合併号の特集『総予測2018年』巻頭では、「新次元──。2018年はまさしくそんな年になるかもしれない」と紹介しています。

同特集では、トランプ政権の誕生により昨年は行く先が不透明であったが、「18年は明確に異なる。強気、楽観の予測が圧倒的に多いのだ。多くの識者、経営者が17年の好調が持続あるいは拡大するとみている。まさに、18年は日本と世界が未曽有の好景気──新次元へと突入していくのではないかとすら思えてくる」と記しています。

国内で注目すべきは、5月に集中する18年3月期の企業の決算発表、9月の自民党総裁選、そして何よりも18年が新次元とされる所以は、翌19年4月に控える天皇退位。国際関係では、日本にとっての最大の問題は北朝鮮情勢であり、日・中・韓首脳会議が予定通り1月に開催されるかどうか、また、11月の米中間選挙も見逃せないとしています。

こうした内外情勢の中で、私は今年を海外展開も含めた出版活動を通し、リレーションシップ・マネジメントをコアとしたパブリック・リレーションズ(PR)普及の新次元ともいうべき年にしたいと思っています。

続きを読む...

2017年12月21日

クリスマス・リーディング

こんにちは井之上喬です。

今年もクリスマスがやってきました。今から2000年前、ユダヤのベツレヘムで一人の幼子イエス・キリストが生まれました。

生まれたところが貧しい馬小屋の中であったことはいまや世界中の人が知るところですが、貧しく汚れのない、無力な幼子イエスが私たちと共にいてくださることに大きな慰みを得ることができます。

今の世界を見るとき「馬小屋」は紛争地や被災地、そして私たちのすぐ近くにも多くみられます。また「馬小屋」とは単に場所を指すだけではなく、人間の心にある、欲望や怒り、憎しみなどをも表していると見ることもできます。

25日のクリスマスはイエス・キリストの誕生日。その前夜をお祝いする日(24日)がクリスマス・イヴです。キリスト者にとってクリスマスは新しい一年の始まりを意味するお祝いの日。

聖書にはイエス・キリスト誕生前に書かれた『旧約聖書』と誕生後に書かれた『新約聖書』がありますが今日は、その誕生以来多くの人の心を癒し続ける新約聖書の中から、「ルカの福音書」にあるイエス誕生の記述部分(2章1-14)をご紹介します(フランシスコ会:聖書研究所訳)。

続きを読む...