相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



2019年01月21日

「CES 2019」レポート、AI、5G、IoTなど最先端技術が身近なものに
〜世界規模でのビジネスマッチングの場に変貌?

皆さんこんにちは井之上喬です。
暦の上では大寒も過ぎ年間でも一番寒さが厳しくなる時期、インフルエンザが流行しているようですが、外から戻ったら手洗い、うがいを励行しましょう。

今回のブログでは、毎年恒例になっている「CES」についてレポートしたいと思います。
井之上パブリックリレーションズは、CESの主催団体であるCTA(Consumer Technology Association)と連携し、以前から日本市場におけるパブリック・リレーションズ(PR)活動支援を行っています。

続きを読む...

2019年01月07日

明けましておめでとうございます!
〜混迷の時こそパブリック・リレーションズ(PR)に解が

新年明けましておめでとうございます、井之上喬です。
皆さん、どのような新年を迎えられましたか?

私はといえば、年末の12月29日から1月6日まで9日間お休みをいただきました。今日から仕事が始まりますが、新たな気持ちで2019年をスタートしたいと思っています。

今年の干支は十二支の中でも最後の年、亥(いのしし)年。ネットサーフィンしてみると亥年についてこんな説明がありました。植物の一生で考えると、戌年で実った果実が種子となり、エネルギーを蓄えて次の世代へと向かう準備をするという意味の年だそうです。

また、動物の猪(いのしし)のイメージから、猪突猛進的な性質から勇気と冒険の象徴ともされています。

4月には、平成天皇の退位により新元号が制定(5月1日)されますが、新天皇の時代に私たちはどのような社会を望むのか、一人ひとりが自らの問題として考え行動することが求められます。

そんな亥年のスタートは、熊本地方での震度6弱の地震、経済面では米国アップルの業績下方修正を引き金とする株価の下落と円高ドル安と波乱の幕開けとなりました。

続きを読む...

2018年12月24日

今年もクリスマスがやってきました。
〜初めに言(ことば)があった。

皆さんこんにちは、井之上喬です。

24日はクリスマスイブ、イエスキリストの生誕前夜です。
今日はキリストが生きた時代、十二人の弟子の中でキリストに最も愛されたとされる聖ヨハネの一節をご紹介したいと思います。



初めに言(ことば)があった。言は神と共にあった。

言は神であった。この言は、初めに神と共にあった。

万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。

言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。

光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。

新約聖書「ヨハネによる福音書 1章1-5節」(新共同訳)



今年も井之上ブログをご愛顧たまわり誠にありがとうございました。

メリークリスマス!

皆さま良い年をお迎えください。




2018年12月12日

年末に今年、そして「平成」の振り返りを
〜「乱」に象徴される時代に不可欠なパブリック・リレーションズ(PR)

皆さんこんにちは、井之上喬です。

師走に入りもうすぐクリスマス、年末年始を迎えます。
何かと気ぜわしい時期ですが1年の締めくくりと、新しい年の準備をしっかりしたいですね。

続きを読む...

2018年11月22日

アジア中東講演ツアーを終えて
〜地域との共生を日本の戦略に

先週約2週間のアジア中東(ベトナム、インドネシア、フィリッピン、UAE)ツアーから戻りました。
今回のツアーは、今年3月にロンドンで発刊された英語本のプロモーションが主目的で、各国のMBAや国際会議などで7回の講演や特別講義、そして中東UAEでは英語本に加えて、絵本「なかなおり:いあな」のプロモーションや同国での「きずな教育」の幼稚園展開など、複数の目的を持ったこれまでとは異なった旅でした。

ハノイ、ジャカルタ、マニラは、京都大学経営管理大学院が提携している、現地を代表するMBAスクール訪問。最初の訪問先はハノイのFTU(ハノイ貿易大学)でした。

続きを読む...